植毛により髪の毛が生えてくる仕組み

頭髪は、生命活動を営む上で必ずしも必要不可欠というわけではありませんが、見た目を決めるうえで重要な役割を果たしています。

このために、有るのと無いのとではイメージは大きく違ってしまい、いわゆる薄毛となってしまうと社会的にかなりの悪影響を受けることになります。

特に、10代や20代といった若年層で発症した場合は、周囲にはほとんど見当たらないために必要以上に目立ってしまい、精神的に大きなダメージを受けるケースも少なくはありません。
このために、これを改善するために様々な対処法が考案されていますが、残念ながら頭髪の仕組みについては未だに解明されていないために、必ず薄毛を改善するという方法は存在していません。



そんな中でかなりの確率で薄毛を改善できるのが、自毛植毛という治療法です。

この自毛植毛は、世界的に著名なサッカー選手が2度にわたり治療を受けたことで世界的にも広く知られている治療法で、効果と安全性の両方を兼ね備えていることが特徴です。

具体的には、後頭部の毛根組織を採取して、薄毛部分に直接移植するという内容です。ちなみに、移植した先で毛根組織が定着する確率は80パーセント〜90パーセント程度と考えられています。



なお、毛根組織が定着すると内部に存在している毛母細胞が分裂することにより、頭髪が成長するようになります。これが、自毛植毛により頭髪が生えてくる仕組みで、移植できるだけの毛根組織が残っているということだけが条件となります。