植毛の種類と各々の特徴

category01

頭皮に対して直接毛を植え付けて毛量を増やすことを植毛と呼びますが、人工毛と自毛の2つからなり人工の場合は合成繊維が素材となって採用されており、自毛は現時点で生えている自分の頭髪を活用します。


人工毛は全てが抜け落ちてしまっている方でも実行できる方法である上に、植毛できる量に制限が無いことから薄くなっている部分の頭皮を確実にカバーさせられます。



原材料はポリエチレンなどですが、人工血管にも採用されている素材なので安全性に長けており、手にしても自然な毛と見分けられないほど高い完成度を誇っています。

ただし、見た目に優れていても人体にとっては異物と認識されてしまうことから、場合によってはアレルギー反応といった副作用に見舞われてしまう恐れもあります。
一方、今日における植毛の方法の中で一般的になっているのがまだ残っている部分の頭髪を移植する方式です。

量が限られているものの、自分の髪の毛を使用するのでアレルギー反応などの副作用のリスクが無いのが魅力です。



しかも、施術が完了した後は元々生えていたように伸びていくので、本人でさえ施術を行ったことを忘れてしまうほど自然な仕上がりになります。

頭皮ごと切り取り患部に対して貼り付けるというやり方で植毛を進めていくので難しい作業であることには変わりないものの、定着率は90%にもなるためトラブルや失敗に見舞われるリスクはとても低いです。

また、入浴時にシャンプーを行っても問題無く、清々しくバスタイムを楽しめます。



医療の常識

category02

植毛の手術を受けるときには、まずお医者さんの診察を受けて、植毛手術について詳しい説明を受けることになるのですが、その説明に納得できて、本格的に手術を受けることを決意したら、次には、側頭部や、後頭部などといった、だAGAを発症しない部分から、健康な状態の毛根を切り取って取り出します。植え込む髪の毛を頭皮ごと取り出すのですが、メスを使う方法で手術を行うクリニックもあれば、メスを使わない方法で手術を行うクリニックや、両方の手術が可能で、どちらの方法で手術を受けるのかを手術を受ける人が決めることができるクリニックもあるので、クリニックを選ぶときの基準の一つになります。...

subpage

予備知識

category02

頭髪は、生命活動を営む上で必ずしも必要不可欠というわけではありませんが、見た目を決めるうえで重要な役割を果たしています。このために、有るのと無いのとではイメージは大きく違ってしまい、いわゆる薄毛となってしまうと社会的にかなりの悪影響を受けることになります。...

subpage

医療が気になる方

category03

植毛の手術には自分の髪の毛を植え込む手術と人工の毛髪を植え込む手術があり、植毛の手術は1回の手術で済ませることができる場合もあれば、数回の手術を受ける必要が生じることがある場合もあります。そして、外科的な手術の一種であるため当然多少は頭皮に傷をつけるということになります。...

subpage

身になる知識

category04

年齢を重ねて次第に髪の毛が薄くなっていくAGAという男性型脱毛症になってしまったときには、AGA治療薬を処方してもらい、それを服用するという方法がありますが、AGAの症状があまりにも進行しているとAGA治療薬を服用していても充分に育毛の効果を得ることが出来ない場合があります。そのためAGAの症状を治療するための最終的な手段として位置付けられているのが植毛手術を受けることが挙げられます。...

subpage